JAPANESEENGLISH

お知らせ Information

What's new

2009 report

2010年12月12日

2009 report was updated.

SER vol.80 & 81, Contents and abstracts were updated

2010年12月12日

Contents and abstracts of all articles of Senri Ethnological Reports vol.80 and 81 were updated.

Prof. and Dr. Monika Salzbrunn attends two Conferences with Prof. Yasumasa Sekine

2010年02月04日

Dr. Monika Salzbrunnを迎えての研究会・シンポのご案内

Monika Salzbrunnさんは、ドイツのご出身ですが、長年パリのベルヴィルという移民の多い地区で空間性を意識した深い調査をしてきた方です。昨年パリを訪ねたとき面白い場所を案内してくださいました。今回はストリートの科研で関根が招請しまして、東京を中心に日本の都市のフィールドワークを共同で行う意図で、2月25日~3月10日の期間、滞日します。
下記のように、東京で2月28日、大阪で3月4日、二度の研究集会を開催します。ご興味がありましたら、奮ってご参加ください。残念ですが、旅費をお出しすることはできません。
ご参加いただく場合は、下記の関根宛メールに必ずご一報ください。問い合わせも同じメールです。
muttamman@gmail.com

成城大学でのミニ・シンポジウム
小田亮さんの主宰するコミカル研究会・上杉さんの主宰するグローカル研究会と関連付けて集会の場をセッティングしてくださいました。
以下の要領で開催します。

シンポジウム
タイトル:
「現代都市における共同性・複数帰属・ストリート」
Multiple Belonging and the Street:Urban Communality in the Era
of Reflexive Modernization.
日時 2月28日(日)午後 14:00~18:00
会場 成城大学(3号館3階大会議室)
構成
発表1
“Multiple Belonging in Urban Neighbourhoods: How Festive Events Create
Communality”
 Monika Salzbrunn (Prof. Dr. Monika Salzbrunn(Fuculty of Social Science,  
 Ruhr-University Bochum, & Researcher at the CRIA (CNRS-EHESS),
 Paris)
発表2
“Toward an Anthropology of the Street:Street Phenomena in the Era of
Reflexive Modernization”
Yasumasa SEKINE (Japan Women’s University)
司会 上杉富之(成城大学)
コメンテーター 植村清加(東京国際大学)
 泉水英計(神奈川大学)未定
質疑は日本語で通訳あり

国立民族学博物館共同研究会
竹沢尚一郎(民博)さんの主宰する共同研究会「移民と国民国家」の研究集会で場を提供していただきました。
以下の要領で開催します。私の発表は添えものです。
2010年3月4日(木) 13:30~
国立民族学博物館 大演習室(4階)
発表1“From Immigration to Diversity in Urban Spaces: a View from the Street”
Monika Salzbrunn(Prof. of Fuculty of Social Science, Ruhr-University Bochum, & Researcher at the CRIA (CNRS-EHESS), Paris)
発表2「英国ロンドンにおける南アジア系移民社会の近年の動向を巡って」
関根康正(日本女子大学)
総合コメント  
野村雅一(総合研究大学院大学副学長)

In the International Symposium held at Kyoto university, Pfof. Sekine presented his paper on "An Anthropology of Street"

2010年01月28日

International Symposium:
“The Future of Anthropology and Ethnological Museum”

First Day: “The Future of Anthropology”
December 7th 2009, 10:30-17:00 at Siran Kaikan of Kyoto University


Chairperson:
Suehara Tatsuro, Professor, Kyoto University
Program:
10:30-11:30 Key Note Speech:
Maurice Godelier, Professeur, EHESS, France
”In Today’s World Anthropology is More Important than Ever”
13:00-15:00 Presentations:
Sekine Yasumasa, Professor, Japan Women’s University
“Toward an Anthropology of the Street: Street Phenomena in the Era of Reflexive Modernization”

Kasuga Naoki, Professor, Osaka University
“Toward the Science of Human-Nature”
Takezawa Shoichiro, Professor, National Museum of Ethnology
“Anthropology, Museum and Seeing: Reconsidering the Representation”
15:30-17:00 Discussion
1800-20:00 Party

!test! English site has opened

2007年06月17日

!test! English site has opened